Home > 連載陣
2008.12.14

『詩の生まれる場所』 竹村正人 第5回 便所

タバコは登録制でないと自由に購入できなくなります。未成年、不埒な子供が買えないようにするため、だそうです。「女・子供」にはますます手ひどい。けれでも、仕打ちが手ひどくなればなるほど、私たちは抜け目なくなってゆく。

―――松本真理 (さらに…)

隣で働く人(派遣労働について) 
Union Extasy リレーエッセイ 第3回

ユニオンエクスタシーの小川恭平です。
私は時間雇用職員(非正規雇用)として、京大のある図書館で働いているのですが、いま職場で気になることは、派遣で働いている人たちのこと。
実は、これから書く文章、エクスタシーニュース1号(機関紙できたのです!)の続きです。少し新聞から、引用します。 (さらに…)

2008.11.14

『へいわ屋漫筆』第18回 可愛いSちゃんへ

 Sちゃん。11月3日に円山公園音楽堂の集会で、あなたと再会できたのはとても嬉しいことでした。
あなたと二年ほど前、初めて会ったのも同じ場所でしたね。 (さらに…)

『詩の生まれる場所』 竹村正人 第4回 詩誌

 「詩は分からない、難しい」とよく言われます。そして、詩は庶民の生活に浸透しているとはとても言い難い現実があります。
 しかし、本当にそうでしょうか。私たちは「詩」に対して、何かしらの固定観念のようなものを持っていないでしょうか。

―――藤井わらび (さらに…)

2008.11.08

『平和を訴える良心的徴兵拒否者』 ジンジン 第3回 
2008平和キャンプで出会った人達(1)

 京都に吹く風も随分ひんやりとしてきた。日も短くなりもう冬が近いのだろう。私が育ったソウルの冬より京都の冬はずっと暖かい。だけど、なぜか私には京都の冬がずっと寒く、さびしく感じられる。 (さらに…)

« Previous | Next »