2011.05.05

「フクシマ…ゆっくりと、長く、大量に続く
放射能漏れ事故の中を生きる」 お話:守田敏也さん 
2011年5月8日(日) 京都・かぜのね

私達みんなが直面している危機だからこそ、
真実が知りたい(第4回)

【日時】 2011年5月8日(日)19:00開場~22:00終了
【場所】 かぜのね http://www.kazenone.org
 京都市左京区田中下柳町7-2(出町柳駅下車)
 出町柳駅前パン屋さん「柳月堂」と美容院の間の道を
 南に入ったところにあります。
【情報参照先】 ⇒詳細情報・英語版ご案内


話:守田敏也(もりたとしや)さん

1959年生まれ。京都市在住。同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどを経て、現在フリーライターとして取材活動を続けながら、社会的共通資本に関する研究を進めている。ナラ枯れ問題に深く関わり、京都大文字山での害虫防除なども実施。原子力政策に関しても独自の研究と批判活動を続けてきた。
3.11以降、発信続ける記事が注目され、多数の講演を依頼されている。

*料金はカンパしてくださると助かります。
(経費を除いた全額を、『山水人』の有志が行っている。
 義援金に使わせていただきたいと思います。)

呼掛け人 福村祖牛(山水人)

(企画案内より) 詳細情報

Tags: , ,

twitter

Tags: , ,

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback [1 comment]

  1. […] 「フクシマ…ゆっくりと、長く、大量に続く放射能漏れ事故の中を生きる」 お話:守田敏也さん 2011年5月8日(日) 京都・かぜのね […]

Comment feed

Comment