2011.03.23

チェルノブイリ被ばく者支援から学ぶ
3・31緊急シンポジウム 2011年3月31日(木)

地震・津波・原発被災者救援のために、集まって話し合おう!

【日時】 2011年3月31日(木)16:00~(講演は18:00~)
 16:00~17:45 討論・意見交換
 18:00~21:00頃まで 講演&ディスカッション
 (途中参加大歓迎!)
【場所】 京都大学農学部W100教室 ⇒アクセス
【主催】 京都から東日本大地震被災者を支援する会(仮称)
(発起人) 林 剛平(京都大学農学部自治会)
 橘 英希(京都大学文学部学友会)
 滝澤 寛(劣化ウラン弾の禁止を求める京都大学の会)
【連絡先】 090-9977-0131


  • 振津かつみさん(医博・チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西)
    「チェルノブイリ原発被災地支援の経験から」
  • 京都市教育委員会から御来賓をいただくことは決定済み
    (ほかに防災専門家、
    阪神大震災救援ボランティア経験者にも参加を打診中)

 想像を絶する大震災と津波災害、加えて、未曾有の原発ドミノ爆発・・・。茫然とするばかりですが、被災者の救援に力を貸したい、という思いにかられる人たちも大勢いるに違いありません。

 わたしたちは、当面、子どもたちを中心に被災者の疎開先、受入先を準備 することが重要だ、と考えています(京都市・府内の廃校の利用を検討・打診中)。もちろん、被災現地での救援ボランティア も必要です。

 HOME(京都・関西圏)とAWAY(被災現地)の双方で有効な支援を行うため に、ぜひ、みんなで知恵を出し合いましょう!

(企画案内より)

Tags:

twitter

Tags:

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment