2008.09.19

「若年者のセ-フティネットはどうあるべきか」 
2008年秋 ラボール学園公開セミナー(5)

若年者の働き方と雇用を考える 悩んでいませんか?…今

【時】 9月26日(金曜日) 18:30~20:30
【処】 ラボール学園(社団法人京都勤労者学園)
 (京都市中京区四条御前西入 ラボール京都3F)
【受講料無料】

若年者のセ-フティネットはどうあるべきか
講師:木下秀雄さん(大阪市立大学教授)

 大阪生まれ。大阪市立大学法学研究科教授。
社会保障,特に生活保護と介護保険の問題について,
ドイツと日本の比較を行っている。
最近は特に「若者」を襲う「貧困問題」に感心をもっている 。


【申込方法】 ハガキか電話・FAXまたはE-mailで下記まで。
 講座名(1人で複数回申し込み可。
 氏名・住所・電話番号をお知らせ下さい。受講票をお送りします。

【主催】 ラボール学園(社団法人京都勤労者学園)
 〒604-8854 京都市中京区四条御前西入 ラボール京都3F
 TEL 075-801-5925 / FAX 075-812-1508
 mail gakuen@labor.or.jp
 http://www.labor.or.jp/gakuen

ご案内メールから転載。
詳細 ⇒ 2008年秋 ラボール学園(京都勤労者学園)の公開セミナー

Tags: ,

twitter

Tags: ,

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback [1 comment]

  1. […] 「若年者のセ-フティネットはどうあるべきか」 2008年秋 ラボール学園公開セミナー(5) […]

Comment feed

Comment