Home > 連載陣
2008.04.21

かげもん 『京都というまちを考える試み。』第10回 
うんこ条例である鴨川条例が施行される。

 2008年4月1日から京都府では鴨川条例なる条例が施行された。議会とかに疎い私だけども、条例が審議されている当時から、この条例に対しては強烈な違和感を持っている。 (さらに…)

2007.12.20

かげもん 『京都というまちを考える試み。』第9回 
京都精華大学での学費ハンスト

 京都精華大学で、学費値上げ反対を訴えるハンストが行われた。
「京都新聞」にも(2007年)12月6日(朝刊)に載った。ハンストをしたのは精華大学の学生一名(以下ハンスト学生)で、12月5日午後、ハンストを開始した。精華大学の食堂にへばりつくように、単管を骨組みにした小屋がかけられ、中にはタタミ、コタツ、テレビが置かれ、 (さらに…)

2007.08.04

かげもん 『京都というまちを考える試み。』第8回 
立命館大学でハンストが行なわれる

 去る7月17日から20日にかけて、衣笠の立命館大学の西側広場にて、
ハンストが行われた。ハンストと言っても、なかなか想像力がわかなく、
しかも立命館大学という、関西でも屈指の管理強化で居心地の悪さを発揮しているキャンパスでの行動ということで、興味本位もあり、行ってみた。 (さらに…)

2007.04.25

かげもん 『京都というまちを考える試み。』第7回 
デモと屋台

 都市的な風景に欠かせないものは、屋台である。屋台のない街は歩いていて面白みをあまり感じない。建物に収まりきらないエネルギーが屋台の存在にあらわれる。地球上どんなところに行っても、そこには屋台があるはずだ。 (さらに…)

2007.01.07

かげもん 『京都というまちを考える試み。』第6回 
書評『PACE』第2号

 前号のピースメディアでも紹介されていたが、
『PACE』第2号という雑誌が手元にある。京都界隈で様々な社会運動に取り組んでいる人たちが寄稿している雑誌である。ゆるい文章から、かちっとした文章まで、詩から論文、座談会などがたくさん詰まった雑誌である。以下に無理やりの感はあるが、この雑誌の書評をしてみようと思う。 (さらに…)

« Previous | Next »

2 / 3123