2011.07.11

【転載】「団扇(うちわ)で脱原発」プロジェクト始動!
めざせ10万枚!「団扇(うちわ)で脱原発」プロジェクト

企画説明とご協力のお願い

  • 1. デモはこの夏が正念場
  • 2. 企画の概要
  • 3. 団扇(うちわ)のデザイン
  • 4. 賛同者と協力者を募ります!
    (1) 「関西二大祭り作戦」に向けたカンパのお願い
    (2) 全国展開に向けた協力者の募集

【情報転載元】 「団扇(うちわ)で脱原発」プロジェクト


1.デモはこの夏が正念場

6月11日に全国で一斉に行われた脱原発デモは、およそ7万人もの参加者を集める歴史的なデモとなりました。
直後に朝日新聞が行った世論調査によれば、「原子力発電を段階的に減らして将来はやめる」ことに74%の人々が賛成と答えています。これまでに全国各地で展開されてきた脱原発運動の成果の一つと言えるでしょう。

しかし、これで安心するのは早計に過ぎます。
このような脱原発ムードの高まりにもかかわらず、政財界を中心に原発推進派による巻き返しの動きが活発化しています。
世論に逆行するこうした動きを阻止するためにも、脱原発の意思表示をよりいっそう高めていく必要性を痛感します。

9月には、大江健三郎さん、鎌田慧さん、坂本龍一さん、瀬戸内寂聴さん、鶴見俊輔さんなど日本を代表する文化人の呼びかけにより、大規模な集会とデモが準備されています(「さようなら原発1000万人アクション」)。
心強い限りです。しかし、9月では遅すぎるという懸念も拭えません。

電力需要のピークを迎える真夏日にかけて、電力会社を中心とした政財界が、「電力不足」を理由に原発の再稼働を求めるプロパガンダを大々的に展開することは目に見えています。現在、日本の原発は、全54基のうち19基(全体の約3分の1)のみが稼働していますが、このまま大掛かりな「計画停電」をせずにこの夏を越せば、電力は足りているという脱原発派の主張の信憑性がいっそう高まるからです。
したがって、脱原発デモはこの夏が一つの正念場になるはずです。


2.企画の概要

そこで、京都を中心に脱原発運動に携わってきた私たちは、
こんなプロジェクトを考えてみました。

要領はいたって簡単。
7月から8月にかけて各地で催される夏祭りや花火大会で
脱原発のメッセージを込めた団扇(うちわ)を配る。
それだけです。

手始めに、地元京都の祇園祭で最初の風を起こします。
その後、大阪の天神祭(7月24日、25日)でも脱原発ムードを扇ぎます。

とくに京都は7月15日、16日、17日と祇園祭の宵々山、宵山、巡行と三大祭りの内でも連日10万人を越える人々であふれかえります。
数十万人もの人々が繰り出すこの機会を利用しない手はありません。
とはいえ、町が人でごった返す時期に街頭デモをすれば逆効果になりかねません。

では、たとえば涼しげな浴衣姿でおシャレな「脱原発うちわ」を沿道で配ってみたらどうでしょうか?
たくさんの人が手にとってくれることでしょう。


3.団扇(うちわ)のデザイン

「なんとなく」脱原発に傾き始めている最大公約数的な人々に向けて、団扇のメッセージも、比較的敷居の低そうなものを中心に集めてみました。

多方面でご活躍中のデザイナーさんのご協力を得て、
デザインは5種類をご用意しました。
各デザインの詳細はこちら:
http://d.hatena.ne.jp/uchiwa10/20110630/1309453755

  • 「脱原発ポスター展」から3点:
    ◆ えっ? 足りてたの?(須永豪@survival_design)
    ◆ Power Shortage…REALLY?(@mipoko611)
    ◆ Let the wind blow.(Tsujikawa Fumitoshi@tjkw)
  • 「あかいつぶつぶの絵」でお馴染みの柚木ミサトさんの作品:
    ◆ 「でんき」はたりてる/たりないのは「あい」(@pelukiss)
  • 「脱原発メッセージ集」から厳選したフレーズ集:
    ◆ 脱原発メッセージ集 (royterek & tami)

4.賛同者と協力者を募ります!

(1)「関西二大祭作戦」に向けたカンパのお願い

まずは、7月に予定されている祇園祭と天神祭で脱原発うちわ約5万枚を配ることを目標にしています。
うちわの製作費は1枚約10円。5万枚を印刷するのに約45万円かかります。製作費はすべて、本プロジェクトの賛同者から募ったカンパで賄う必要があります。

本プロジェクトにご賛同いただける方は、どうぞカンパにご協力ください。

  • カンパは一口1000円からとさせていただきます。
  • 5口(5千円)以上カンパをしてくださった方には、5口につき脱原発うちわ各種5枚(10口1万円で各種2枚ずつの計10枚)を差し上げます。
  • 「うちわ小口(500枚以上)の発注」についてはこちら:
    http://d.hatena.ne.jp/uchiwa10/20110702/1309586183
  • カンパの振込先:
    京都中央信用金庫 御池支店(普通)0705888
    うちわで脱原発プロジェクト

(2)全国展開に向けた協力者の募集

私たちの当面の目標は関西二大祭りですが、同様の作戦が全国各地の夏祭りや花火大会でも展開されることを願っています。これ以外のイベントでの作戦にご協力いただける方は、お気軽にご相談ください。

必要枚数の印刷費と配布要員さえご用意していただければ、
印刷の発注等をこちらで行うことも可能です
(デザイン裏面の修正等のご要望等も承ります)

発注先:gr@phic
円形うちわ(価格表)
http://www.graphic.jp/lineup/offset/price/97/


【連絡先】 「団扇(うちわ)で脱原発」プロジェクト(赤尾)
 tel: 070-5600-3611
 mail: e.pithecanthropus @ gmail.com
 [アットマークの前後スペースをツメル]
 twitter:@royterek




Tags:

twitter

Tags:

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback [3 comments]


  1. 追記:2011年7月13日 京都新聞より
    「うちわは、14~16日の夜間と、17日の山鉾巡行時、
    中京区烏丸通周辺で配る。無料。」

  2. […] 【転載】「団扇(うちわ)で脱原発」プロジェクト始動!めざせ10万枚!「団扇(うちわ)で脱原発」プロジェクト […]

Comment feed

Comment