2011.06.25

「ピュア 難民キャンプの子どもたち 希望の鐘」 
ドキュメンタリー上映・講演会 2011年7月3日(日)

話題の「新ピュア」関西初プレミア!!!

【日時】 2011年7月3日 (日)16:10~18:00 (開場16:00~)
【場所】 キャンパスプラザ京都 第二講義室
 (JR京都駅西側ビックカメラ前・京都市下京区西洞院通塩小路下る)
【参加費】 一般500円/学生無料
【主催】 メラウーキャンプ教育支援の会・SCDB (ビルマ民主化支援会)
【共催】 アムネスティ京都グループ・ピースムービーメント実行委員会
【問合】 メラウーキャンプ教育支援の会-京都
 uri[@]m6.gyao.ne.jp TEL:090-1913-2237


東南アジアの国、ビルマ (ミャンマー) とタイの国境地帯には、ビルマ軍事政権から追われてきた45万人以上もの人々を収容する巨大な難民キャンプが点在します。難民キャンプにいきる子どもたちと、子どもたちの明日をてらすための就学を懸命にささえようとする人々・・・。

全国の上映会で大きな感動を呼び、話題となったドキュメンタリー前作『ピュア』に、新たな続編 『ピュア・希望の鐘』が制作されました。関西初上映を記念し、ドキュメンタリー監督で、自らもビルマ政治難民であるココラット氏をむかえ、ビルマの民主化運動や難民キャンプについてなど、直接にいろいろなお話を聞きながら、ともに学び知る機会をもちたいと思います。ひとまわり大きくなった新ピュアにご期待ください。

ドキュメンタリーの予告編をSCDBウェブサイトからご覧いただけます。
http://www.scdb.org/

スケジュール

  • 7 min アムネスティー京都グループ・ピースムービーメント活動紹介
  • 63 min. ドキュメンタリー上映 『ピュア・希望の鐘』
  • 30 min. 講演『ビルマの未来』ココラット (SCDB 代表)
  • 10 min. 質疑応答
  • 10 min. 講演『私たちにできること』
    竹間優美子 (立命館大学・関西外国語大学講師)

メラウーキャンプ教育支援の会
2012年度 ピュア-カレンダー&ポストカード
卓上に子どもたちの笑顔を

当日、会場では、難民キャンプという閉ざされた苦境のなかでも、負けずに生きる子どもたちの、最高の笑顔が卓上カレンダーとポストカードになった珠玉の写真集16枚セットが販売されます。

十六枚セットで \1,000 というお買い得価格で、そのうちの半額以上が、メラウー難民キャンプ・ヤウンニーウーの子どもたちの就学を支える資金に送られます。

現在、世界的経済危機や、バイオマス燃料需要による穀物価格の高騰などで、教材や満足な食材の調達も困難になってきている情況では、日本でのほんのわずかな支援金も、現地では子どもたちの食事や就学を支える貴重な資金となります。

また、今回の十六枚の写真集のなかには、関西の大学生二人 (立命館大学) が、研修で支援会に同行し、自らのカメラで撮ってきた五枚の写真も含まれています。日本の大学生が、難民キャンプで感じてきたこと、考えたこと、などがストレートに写真に現われている優しい作品になっています。自分用に、そして、大切な人へのプレゼント用に、ぜひお買い求めくださいませ。
16枚セット – \1,000


新ピュアの関西プレミア決定!
支援会・京都支部(竹間)

前ピュアの京都上映会、昨年11月13日では、くしくも、当日のココラット氏講演中に、速報で、アウンサン・スー・チーさんの解放が報じられ、会場が瞬時に衝撃と感動につつまれました。講演中も新聞各紙からインタビューの要請が携帯に入り続け、会場では「歴史を会場の人々と共に感じることができて感動した」など、多くのコメントが寄せられました。あれから半年以上がたち、ビルマの軍事政権の何が変わったのでしょうか。なぜ難民は増え続けているのでしょうか。ビルマの選挙はどうなったのでしょうか。

今回の新ピュアは、前作でインタビューに応えてくれた子どもたちの、1年後の様子や、ヤウンニーウー学校の授業風景などを追い、また音楽は今注目のバンド bonobosの蔡忠浩さんがバックアップ。ナレーションはラジオパーソナリティの柿元恵美さんに、ご協力いただきました。
さらなる感動の新ピュアをご期待ください。

(企画案内より)

Tags:

twitter

Tags:

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback [1 comment]

  1. […] 「ピュア 難民キャンプの子どもたち 希望の鐘」 ドキュメンタリー上映・講演会 2011年7月3日(日) […]

Comment feed

Comment