2010.10.25

『GOBAKU』上映&アフガニスタン最新取材報告会
(西谷文和さん) 2010年12月18日(土)

【日時】 2010年12月18日(土)18:45~(18:30開場)
【場所】 ひと・まち交流館京都 第4・第5会議室(3階)
 河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車すぐ
【参加費】 500円
【主催】 ピースムービーメント実行委員会
【問合】 090-2359-9278(松本) anc49871[@]nifty.com(山崎)


スケジュール

  • 18:45~『GOBAKU』上映
    (50分/撮影・編集:西谷文和/2010年)
  • 19:40~アフガニスタン最新取材報告
    西谷文和さんに2010年10月末までに取材されたイラク・アフガンの現状を最新映像とともに報告していただきます。
  • 質疑応答・意見交流(21:00頃終了予定)

DVD『GOBAKU』の紹介

(イラクの子どもを救う会のブログ西谷さんの文章より)
2008年3月のイラクから2010年1月のアフガンまで、撮りためてきたイラク・アフガン映像を、一つのDVDにまとめました。名前を「誤爆」と漢字ではなく、GOBAKUにしたのは、アメリカはわざと誤爆している(させている)のではないか?という疑惑からです。
カンダハールで出会った遊牧民の子どもは、米軍車列を眺めていただけで撃たれました。同じく遊牧民のアッサンビビちゃん(9)は、テントで寝ていただけなのに空爆されました。
これでは米軍に対する怒りが広がるのは当たり前。「ニュータリバン」が増えて、アフガン戦争が泥沼化するのは必然なのです。
なぜ米軍は誤爆を繰り返すのか?オバマ大統領はなぜこの戦争を止めないのか?無人化される戦争=宇宙戦争につながる現代の戦争とは?
そんなことを、私なりに映像、マンガ、写真、資料などを使ってまとめてみました。

西谷文和さん(イラクの子どもを救う会・ジャーナリスト)

1960年京都市生まれ。大阪市立大学経済学部卒業。吹田市役所勤務を経て、現在フリージャーナリスト。イラクの子どもを救う会代表。イラク、アフガンを頻繁に訪問し、現地のこどもたちへの医療・食料支援を行うと共に、日本国内で現地の映像を伝え、平和の大切さを訴えている。2006年度平和協同ジャーナリスト基金大賞を受賞。
2010年10月にも6度目のアフガンを取材と支援を終えて帰国したばかりである。
イラクの子どもを救う会 http://www.nowiraq.com/


スタッフ募集!!

ピースムービーメント実行委員会は、映画を通じて平和について考えようという趣旨で、個人有志で、上映会(&講演の時もあり)をこの8年で約70作品を企画してきました。
企画・広報スタッフ・当日スタッフを常時大募集しております。
ご協力願える方は、上記問合せ先にご連絡ください。

(企画案内より)

Tags: , ,

twitter

Tags: , ,

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback [1 comment]

  1. […] 『GOBAKU』上映&アフガニスタン最新取材報告会(西谷文和さん) 2010年12月18日(土) […]

Comment feed

Comment