2009.03.15

映画&トークライブ『フツーの仕事がしたい』 
土屋トカチ監督+働く現場からの声 2009年4月12日(日)

【時】 2009年4月12日(日)
スケジュール(開始時間)
 ・上 映 (1回目)12:00~ (2回目)15:00~
 ・トーク (1回目)13:20~ (2回目)16:20~
【処】 ひとまち交流館京都 第4・5会議室(3階)
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
 (河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車すぐ
 京阪「清水五条」駅下車 徒歩8分
 地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分)
【料金】 一般1000円 DFL会員700円
 学生・フリーター・失業者500円
【主催】 「フツーの仕事がしたい」をみる会・京都
(参加団体:きょうとユニオン ユニオンぼちぼち
 ピースムービーメント実行委員会
 ドキュメンタリー・フィルム・ライブラリー)
【問合】 松本:TEL090-2359-9278
 Eメール:botiboti[@]rootless.org


土屋トカチさんのプロフィール

1971年生まれ。京都府舞鶴市出身。龍谷大学法学部卒。
新聞奨学生をしながら大学を卒業。
書店員、工場勤務等を経て、2000年映像制作会社へ就職。
2002年会社都合により解雇。現在フリーランス映像ディレクター。
映像グループ ローポジション所属。
主な作品「たのしき われらが楽生院」(2006年)
「フツーの仕事がしたい」(2008年)。


映画「フツーの仕事がしたい」

  • 作品詳細 http://nomalabor.exblog.jp/i2/
    2008年/日本/DV/70分/カラー
  • 撮影・編集・監督・ナレーション:土屋トカチ
  • 出演:皆倉信和
  • 取材協力:全日本建設運輸連帯労働組合、皆倉タエ、皆倉光弘
  • ナレーション:申嘉美
  • 音楽:マーガレットズロース「ここでうたえ」
    (アルバム「DODODO」より オッフォンレコード)
  • 制作:白浜台映像事務所/映像グループローポジション
  • 配給・宣伝:フツーの仕事がしたいの普及がしたい会
  • 宣伝協力:ポレポレ東中野

「はっきり言ってどん底でした。 労働組合と出会うまでは。」
(神奈川県・セメント輸送運転手/36歳)

現代社会で不可欠なインフラ、コンクリート。そのコンクリート原料のひとつ、セメント。この映画の主人公・皆倉さんはセメント輸送の運転手だ。
月552時間にも及ぶ労働時間ゆえ、家に帰れない日々が続き心体ともボロボロな状態。すがる思いで、ユニオン(労働組合)に加入した皆倉さん。
彼を待っていたのは、会社ぐるみのユニオン脱退工作だった。自称・会社関係者は、「30万円やるから組合を辞めろ」と連日脅迫。急死した母親の葬儀へも押しかけてきた。
皆倉さんは、過労のため難病を患い緊急入院。その時、ユニオンは・・・。
生き残るための闘いが否が応でも、はじまった!


映画へのコメント 雨宮処凛(作家)

震えるほどの怒りと、それ以上の感動をもらった。
映画の中、何度も一緒に怒り、泣き、笑った。
フツーに働き、フツーに生きることが困難となってしまった21世紀。
それを取り戻すための尊厳をかけた闘いの記録に、
ものすごく大きな勇気をもらった。

Tags: , , , ,

twitter

Tags: , , , ,

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment