2009.01.19

ガザは…今 封鎖と侵攻の空間を生きる 
『レインボー』上映&岡真理さんトーク 2009年1月29日

ガザは…今 封鎖と侵攻の空間を生きる
映像とトークで考えるイスラエルの侵攻

 イスラエルによるガザへの攻撃が止みません。
ニュースが伝える死者の数、負傷者の数は、日を追うごとに増えています。
 イスラエルはなぜガザを攻撃するのか、世界中からの非難の声にもかかわらず攻撃をやめないのはなぜか。そして、攻撃が終わりさえすれば問題は解決するのか・・・。
 今回は映画「レインボー」の上映と岡真理さんのお話を通して、「パレスチナ問題」の本質について考えたいと思います。

【時】 2009年1月29日(木) 18:30~20:30(18:15開場)
【処】 同志社大学今出川キャンパス 講武館1階KB104教室
 (地下鉄今出川駅下車徒歩5分、同志社中学校グラウンド前)
【特別上映につき参加費無料】


【上映作品】 レインボー Rainbow

パレスチナ/41分/監督:アブドゥッサラーム・シャハダ)
占領下で破壊され、奪われ続けるパレスチナの人々の生活と生命。
その痛み、悲しみをレンズに焼きつけるかのように、カメラはまわる。
アース・ビジョン第14回地球環境映像祭アース・ビジョン大賞

【トーク】 岡真理(おか・まり)さん

京都大学大学院 人間・環境学研究科教員
現代アラブ文学・第三世界フェミニズム思想を専攻
著書に『アラブ、祈りとしての文学』、『記憶/物語』、
『彼女の「正しい」名前とは何か』、『棗椰子の木陰で』ほか

【主催】 同志社大学社会学部・板垣ゼミ
【共催】 AASJA(Anti-invasion Asian Students Joint Action)
【問合先】
 板垣竜太(E-mail:ritagaki[@]mail.doshisha.ac.jp)
 古屋寛生(E-mail:fruit-republic[@]pdx.ne.jp)

Tags: , , , , ,

twitter

Tags: , , , , ,

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment