2009.01.06

シンポジウム「ナルシストランス宣言」 
2009年1月25日(日)立命館大学

悲劇のライフ・ヒストリー  感動のカミング・アウト
その先にあるものは一体なに?
「メディアに取り上げて貰えるだけありがたい」
「We shall overcome」
そんな時代はもうおしまい

誰に承認されなくとも  誰に祝福されなくとも
「わたしたち」は  この身体を語り
この身体を愛する道を探り この身体を表現し始める。 (さらに…)

2008.12.14

大阪医大病院の人権侵害を問う、
裁判闘争をご支援ください! 
ヨシノ支援プロジェクト (2009年1月号掲載版)

 ヨシノユギさんは、2003年から通院を始めた大阪医科大学附属病院(以下、大阪医大)でGID(性同一性障害)と診断され、2006年5月20日同病院にて乳房切除手術を受けました。その結果、左縫合部の全壊死・右縫合部の一部壊死というあり得ない事態が起こってしまいました。 (さらに…)

2008.06.24

ヨシノ支援プロジェクト (寄稿者ご紹介)

ヨシノ支援プロジェクト/救い難き理想主義者ども

[web] http://www.geocities.jp/suku_domo/
[blog] http://sukudomo.dreamlog.jp/

  • 障害等級の男女差について画期的判決 – <労災>顔にやけど「性別で障害認定に差」は違憲…京都地裁 金属を溶かす業務中にやけどをし、顔に跡が残った京都府の男性(35)が、女性より低い等級の障害認定しか… by
  • 勝利和解報告集会のご報告 – 4月4日、キャンパスプラザ京都にて、この度の勝利和解報告集会を開催しました。上瀧弁護士とヨシノさんから、裁判のこれまでの経緯と今回の和解の意義について報告させて… by
  • 報告集会のご案内 – ご無沙汰しています。事務局のまりです。 私が住んでいる地方では桜がちらほら咲き始めているのに相変わらず寒い日が続いていますが、あなたの周りはいかがでしょうか? … by
  • 勝利和解の御報告 – 皆さま ヨシノユギです。 私が原告となって争っていた「GID医療ミス訴訟」に関しまして、3月19日をもって勝利和解で妥結し、3月24日に記者会見を開いたことをご… by
  • お引越ししていますよ。 – 皆さま これまで使用してきたドリコムブログが、ライブドアに業務移譲をしたため、お引越しを余儀なくされました。 現在、以前のブログにアクセスすると、自動的にこちら… by
  • 和解協議について – ご無沙汰しています。 少しずつ暖かい日も増えてきていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 この間、裁判状況の報告をあまり更新出来ず、みなさまにはご心配を… by
  • 次回弁論未定、現在調整中。 – 雪もぱらつく寒さの中、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 1月21日(木)に予定されておりました最終弁論ですが、諸事情によりまして延期となりました。次回弁論に… by
  • あけましておめでとうございます – みなさま あけましておめでとうございます。 和歌山では牡丹雪が舞っていて川向の町が見えません。 貴方がいらっしゃるところはいかがでしょうか。 昨年は、温かい… by
  • きりたんぽ鍋 – 先週の土曜日は、代表宅できりたんぽ鍋をご馳走になりました。
    この企画は、毎年ヨシノさんの実家から、
    どっさり材料が贈られてくるので、スクドモ界隈の恒例行事となっ… by

  • 不誠実だと どうなるの? – 「トランスジェンダーで解雇不当」 京都府労委に救済申し立てへ
    http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P200911… by

こちらは PeaceMedia 特設サイトです。本誌寄稿者をご紹介しています。
2007.01.07

かげもん 『京都というまちを考える試み。』第6回 
書評『PACE』第2号

 前号のピースメディアでも紹介されていたが、
『PACE』第2号という雑誌が手元にある。京都界隈で様々な社会運動に取り組んでいる人たちが寄稿している雑誌である。ゆるい文章から、かちっとした文章まで、詩から論文、座談会などがたくさん詰まった雑誌である。以下に無理やりの感はあるが、この雑誌の書評をしてみようと思う。 (さらに…)

2006.11.23

ヨシノ支援プロジェクト 
「GID(性同一性障害)」医療改善のための
裁判闘争をご支援下さい!

 ヨシノユギさんは、2003年から通院を始めた大阪医科大学附属病院(以下、大阪医大)でGIDと診断され、2006年5月20日同病院にて乳房切除手術を受けました。その結果、左縫合部の全壊死・右縫合部の一部壊死という状態になり、今も治療のために通院を続けています。術後約一ヶ月の間、病院側は精神的なケアを提供するどころか、患部の悪化を訴えるヨシノさんを週1回の診察のみで放置しました。 (さらに…)