2014.06.18

『標的の村』上映会と三上監督のお話会~高江・京丹後・メディア―わたしたち~ 2014年8月3日(日)京都

【日時】 2014年8月3日(日)13:30~17:30(開場13:00)
【会場】 龍谷大学アバンティ響都ホール
【参加費】 1000円(18歳未満は500円) *参加費の負担がどうしても困難な場合は、500円以上で可能な金額をお願いします。

【主催】 「標的の村」上映会と三上監督のお話会 実行委員会 
(呼びかけ団体)
・沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動
・ピースムービーメント実行委員会
・新日本婦人の会京都府本部
・龍谷大学政策学部松浦研究室日本型コミュニティメディア研究会
・米軍基地建設を憂う宇川有志の会

共催募集中(賛同金として3,000円以上のカンパをおねがいします)
協賛募集中(趣旨に賛同され、宣伝等ご協力いただける団体、個人募集中です)
後援:依頼申請中

【問合先】 TEL:090‐8525-6136(北野)
 e-mail: anc49871[@]nifty.com(山崎)
*予約は必要ありませんので、どうぞ直接会場までお越しください。 (さらに…)

2012.09.10

『ラブ沖縄@辺野古@高江』上映&トーク 
オスプレイ配備反対沖縄県民大会に連帯する上映企画 
2012年9月15日(土) ピースムービーメント

【日時】 2012年9月15日(土)18:45~21:10
【場所】 ひと・まち交流館京都 第4・第5会議室(3階)
【参加費】 一般1000円 学生500円
【主催】 ピースムービーメント実行委員会
【協賛】 沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める京都行動(京都行動)
【問合】 090-2359-9278(松本) anc49871[@]nifty.com(山崎)

* 予約制ではありませんので、「予約は不要」です。直接会場まで、できるだけ早めにお越しください。
* 電話でのお問合は、9月13日までに、お願いいたします。 (さらに…)

2012.02.13

緊急ゆんたく!辺野古・高江と私・たち 
沖縄の激動の「今」をつなぐ 2012年2月19日(日)

【日時】 2012年2月19日(日)18:00~20:30(17:30開場)
【場所】 カフェパラン(JR二条駅前)⇒アクセス
 京都市中京区千本御池上ルJR二条駅前(千本通り東側)
【参加費】 1オーダー(+可能な方はカンパ)をお願いします。
 世界各地の素晴らしいスペシャルティコーヒーと軽食をお楽しみ下さい。
【主催】 京都・緊急ゆんたくをつくる人たち
【共催】 ・ 辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動
・ 沖縄・辺野古への新基地建設に反対し、普天間基地の撤去を求める
 京都行動
【問合】 kyotoyuntaku[@]gmail.com
【参照】 http://blog.livedoor.jp/kyotoyuntaku/ (さらに…)

2011.12.19

高江・辺野古に軍隊を押しつけたくない!京都・緊急デモ 
2011年12月20日(火)

【日時・場所】 2011年12月20日(火)
17:00 集合(京都防衛事務所前)
18:00 デモ出発
【呼びかけ】 高江・辺野古に軍隊を押しつけたくない!
京都・緊急デモ実行委員会

【問合】 noarmydemo[@]gmail.com (さらに…)

2011.05.02

『危険な普天間基地の即時閉鎖・返還を!
沖縄に連帯する6・12京都集会』への参加・賛同のお願い 
2011年6月12日(日) 円山公園野外音楽堂

京都沖縄連帯集会実行委員会
共同代表 黒木順子・大谷心基・小笠原伸児
賛同集約先 fax 075-612-5565
 E-mail mashino[@]par.odn.ne.jp

昨年6月12日、宜野湾市長(当時)の伊波洋一さんをお招きして、1200人が参加する京都沖縄連帯集会が開催されました。この取り組みを引きつぎ、今年の6月12日に京都で最大規模の沖縄連帯集会を開催しようと実行委員会を結成しました。(1)危険な普天間基地の即時閉鎖・返還を、(2)名護市・辺野古などへの新基地建設に反対を、(3)5・28日米合意(2010年)の撤回を、(4)基地のない平和な沖縄・日本を、という4つの点を一致点として準備をすすめています。

東日本大震災と福島原発事故に対して、アメリカは18000人を越える米軍を投入し、大規模な展開を行ってきました。そして、日米両国政府は、ここぞとばかりに日米同盟や在日・在沖米軍の重要性を宣伝してきました。これに対して琉球新報は、3月18日の社説「米軍の災害支援 それでも普天間はいらない」において、震災にからめて在沖米軍や普天間基地の地理的重要性を強調する在日米軍の宣伝に強い違和感を表明するとともに、「はっきりとさせよう。米軍がどのようなレトリックを使おうとも、県民を危険にさらす普天間飛行場やその代替施設は沖縄にいらない」と訴えました。この事態が、沖縄に米軍基地をなお押し付け、沖縄の人々に普天間基地の辺野古移設の承認を迫る動きへとやがて転化していくことは容易に予測できることです。

このような中で、下記のとおり集会とパレードを広範な共同行動として大きく成功させたいと願っています。つきましては、ぜひとも集会への参加と賛同をお願いします。賛同回答書に必要事項をご記入のうえ、上記集約先までご回答ください。 (さらに…)

Next »

1 / 41234