2008.11.14

『へいわ屋漫筆』第18回 可愛いSちゃんへ

 Sちゃん。11月3日に円山公園音楽堂の集会で、あなたと再会できたのはとても嬉しいことでした。
あなたと二年ほど前、初めて会ったのも同じ場所でしたね。あの時は乳母車の中にいたあなたを触らせてもらいに行ったものですが、今年のあなたは軽やかに駆け、片言でおしゃべりをしていますね!

 あなたのお名前は「愛」という意味だそうですね。
あなたといつも一緒のお父様お母様の愛をこめたお名前なのですね。
いつも静かに微笑んで、あなたを高々と抱き上げられるお父様は、静かだけれど、きっと家族を守る、元気な方。
いつも優しい笑顔であなたの手を引き「へいわ屋さん」と私に話しかけて下さるお母様は、あなたにそっくり。いつも繊細で可愛らしい方。
そんなお二人のルーツは、日本のお隣の国だそうです。私とそう歳の変わらないお二人にとても親しみを感じます。
幼いあなたを連れて憲法の集会に来てくださるのも嬉しいことですが、
なにより仲の良いあなた方ご家族の様子を見せてもらえるのが、
私には嬉しいのです。
あなたが低い石垣によじ登り、お母様を手招きすると…、お母様はもちろんお父様まで石垣に上がって三人で石垣の上の散歩を楽しまれます!
まるで『長靴下のピッピ』に出てきそうな素敵な一家なのですから!

 Sちゃん。昔、私の国日本はあなたのルーツのお国の人たちを、とても悲しい目にあわせてしまったそうです。「そんなことしてない」という日本の人もいますが、わたしはしたと思うのです。
そのことを、わたしはとても申し訳なく残念に思っています。そして、もう二度とそんなことが起こらないように、仲良くしていきたいと思っているのです。
日本という国の春夏秋冬や、お山、海、街、食べ物や歌や踊り、沢山のご本や絵やそういったものを、私は好きだと思っているの。だからなおさら、二度と恥ずかしいことはしたくないの。世界中の家族が悲しい思いをしないようにしていきたいの。

 Sちゃん。可愛いあなた方小さい人たちは、私の元気の源なのですよ。
元気でゆっくり大きくなっていってね。
お外はだんだん寒くなるけれど、赤くなった葉っぱや実が呼んでいますよ。
風邪を引かないでね。また近いうちに会いましょう。
得意なお絵かきも見せてね。 へいわ屋のお姉ちゃんより。

へいわ屋 2008年11月記 (PeaceMedia2008年11-12月号掲載)
第17回に戻る ≪ 「漫筆」 ≫ 第19回に進む

twitter

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment