2011.08.14

[BM] 沖縄タイムス | 子の被ばくに警鐘 京大・小出助教

はてなブックマーク

沖縄タイムス | 子の被ばくに警鐘 京大・小出助教

「…7年前の13日、沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落した事故についても言及。防護服を着て放射線の測定や飛散防止処置を行う米軍の作業を写真で見せた。その時飛散した放射性物質ストロンチウム90について「米軍が発表した焼失量3・6マイクログラムは年間摂取限度の550人分。米軍は大学を封鎖し証拠を持ち帰った。日本の警察は米軍を守ったと言える」と話した。

米軍基地も原発も弱い所に押し付けている国の姿勢を指摘し「沖縄の基地問題と原発問題への向き合い方は同じ。米国に従うことが国益と言っている人は強くない。強い者に従うのではなく、優しく生きることが人の価値につながる。日本をまともな国にしよう」と呼び掛けた。」

twitter

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment