2012.10.03

[BM] 週刊金曜日ニュース» ブログアーカイブ » 「核戦争防止国際医師会議」が勧告書を提出――子どもや女性は福島から避難を

はてなブックマーク

週刊金曜日ニュース» ブログアーカイブ » 「核戦争防止国際医師会議」が勧告書を提出――子どもや女性は福島から避難を

「核兵器と原発の廃絶を訴えている「核戦争防止国際医師会議」はこのほど、共同代表のティルマン・ラフ准教授(メルボルン大学)ら三〇人の医師や学者が福島県を視察した後、「年間一ミリシーベルト以上の被曝をしている子どもや妊娠可能期の女性に対する移住支援」等を求めた勧告書を発表した。

さらに、同「会議」の母体である「社会的責任を果たす医師団」の創立者で、世界的に著名な医師であるオーストラリアのヘレン・カルディコット博士も八月に「放射能汚染下における日本への一四の提言」と題する文書を発表。そこでも同様に、「高線量放射能汚染区域にまだ居住しているすべての人々、特に子ども、妊婦や妊娠が可能な女性は、ただちに日本国内の放射能汚染がない場所へ避難してもらうべき」と強調している。・・・」


    Currently unavailable: http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?feed=rss2

twitter

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment