2011.11.23

[BM] 広島、長崎の「黒い雨」に調査データ存在 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

はてなブックマーク

広島、長崎の「黒い雨」に調査データ存在 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「日米の共同研究機関「放射線影響研究所」(放影研、広島市南区・長崎市)は21日、広島、長崎の原爆投下後に約1万3000人が、放射性物質を含んだ「黒い雨」を浴びたとの調査データを保存していたことを明らかにした。

黒い雨に関する大規模なデータの存在が明らかになるのは初めて。放影研は今後、分析する方針を示す一方、「直接被爆した人への影響を調べる中で、参考に尋ねたもの」で、黒い雨の影響を研究する資料にはならないとしている。

放影研によると、前身の原爆傷害調査委員会(ABCC)が1956~61年、広島、長崎の被爆者ら約16万人に面接調査。このうち約12万人を対象にした健康被害の追跡調査の中に「原爆直後、雨に遭ったか」の問いがあり、約1万3000人が遭ったと回答した。」

twitter

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment