2011.09.18

[BM] 原発:「司法判断は困難」 元担当裁判官10人、
心情吐露「国会で議論を」 – 毎日jp(毎日新聞)

はてなブックマーク

原発:「司法判断は困難」 元担当裁判官10人、心情吐露「国会で議論を」 – 毎日jp(毎日新聞)

「…92年に確定した福島第2原発1号機訴訟の2審を担当した木原幹郎弁護士は「理系のスタッフがいるわけでもなく、(審理は)とにかく難しかった」と述べた。00年に確定した同3号機訴訟の2審に関わった鬼頭季郎弁護士は「一度原発を止めればすごくコストがかかるので、簡単に止めろなどと言えない。原発推進の社会的・政治的要請の中で、司法が足を引っ張るような判断ができるのか」と漏らした。…」

twitter

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment