2011.07.31

シンポジウム「障害者の就労を考える」
テレビエンタメストア事件から 2011年8月7日(日)

【日時】 2011年8月7日(日)13:00~16:30(受付12:30より)
【場所】 キャンパスプラザ4F 第4講義室 ⇒アクセス
 (京都駅烏丸口西へ徒歩3分ほどビッグカメラ前)
【参加費】 無料
【主催】 「エンタメ被害者の会」
【問合】 「エンタメ被害者の会」
 電話:075-671-8484 FAX:075-671-8418
 京都市南区東九条松田町28メゾングラース京都十条101
 日本自立生活センター事務所気付
 jcil[@]cream.plala.or.jp
【詳細】 ブログ案内・チラシ画像


  • 基調講演
    「日本の障害者雇用制度の課題」(仮題)
    ―諸外国の制度との比較を通して―
    講師:木下 秀雄氏(大阪市立大学教授)
  • その他のパネラー
    日置 貞義氏(障害者就業・生活支援センター「はぴねす」)
    坂東 敏和氏(相楽デイセンター)
    矢吹 文敏氏(エンタメ被害者の会共同代表)
    糸井 仁美氏(全労働省労働組合)

昨年の11月24日(給料日前日)、イオンモールKYOTO内「テレビエンタメストア」の従業員に突然の解雇の連絡があり、会社は、破産手続きに入りました。その結果、半年前に採用されたばかりの42名の障害者は、一挙に職を失い、給料を受け取ることもできませんでした。
あれから、8ケ月がたちました。エンタメ被害者の会など、当事者・支援者による積極的なとりくみもあり、障害を持つ従業員の未払い賃金の一部を回収することができました。
しかし解雇された障害を持つ従業員の大部分は、残念ながら再就職にまでいたっていません。

私たち、エンタメ被害者の会では、これまでの会でのとりくみと成果をみなさんにご報告するとともに、この事件からうかびあがってくる、「障害者の就労」をめぐる現在の制度の問題点や課題などについて、多くの皆さんと一緒に話し合い、考える会を開催することにいたしました。
このような事件の再発を防ぎ、障害者の就労の道を切りひらいていく方法を一緒にさぐっていけたらと思います。この問題に関心をお持ちの、多数のみなさんの参加をおまちしています。

(MLより転載) 詳細参照先

Tags: , ,

twitter

Tags: , ,

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback [1 comment]

  1. […] シンポジウム「障害者の就労を考える」テレビエンタメストア事件から 2011年8月7日(日) […]

Comment feed

Comment