2011.08.01

「福島・飯舘村からの声 
酪農家・長谷川健一さんをお迎えして」 
2011年8月6日(土)滋賀、7日(日)京都

滋賀県高島市

【日時】 2011年 8月6日(土)14:30開場、15:00~17:30(予定)
【場所】 高島市安曇川公民館 ふじのきホール
 (安曇川ふれあいセンター内) ⇒アクセス
 (JR湖西線「安曇川」(あどがわ)駅徒歩10分/駐車場有)
【参加費】 500円(高校生以下無料)
【問合】 0740-20-5545
* ゲストに農事組合法人・大戸洞舎(おどふらしゃ)代表の
 松本茂夫さんを迎えてのトークセッションあり(滋賀・高島会場のみ)

京都市・三条

【日時】 2011年8月7日(日)13:30開場、14:00~16:00(予定)
【場所】 東山いきいき市民活動センター 3F 多目的ホール
 (京阪三条駅・地下鉄東西線三条京阪駅より徒歩5分) ⇒アクセス
【参加費】 300円(高校生以下無料)
【問合】 090-1938-8383(泉谷)

【主催】 長谷川健一さんのお話を聴く会
 http://iitatenokoe.blogspot.com/
【協力】 おむすびマーケット実行委員会
【参照】 チラシダウンロードページ


3月11日に東日本を襲った地震・津波、そして未だ収束の目途が立たない原発災害。福島第一原発から約40kmの飯舘村は、村全体が計画的避難区域となりました。

長年、飯舘村で酪農を営んでこられた長谷川健一さんは、4月末、酪農を「休止」するという苦渋の決断を下しました。出荷制限のため、原乳を絞っては捨てざるをえない日々。我が子同然に育ててきた牛に、十分なエサを与えることもできず、次第にやせ細り、結局別れなければならないという現実。

事故後に自ら撮り続けた村の映像を交えながら、長谷川さんに飯舘村の現状や今の想いを率直に語っていただきます。自らの体験を一人でも多くの方に直接伝えたいとおっしゃっています。ぜひ現地の生の声を聴きにお越しください。


長谷川健一さんプロフィール

福島県飯舘村の酪農家。58歳。飯舘村前田地区区長。福島県酪農業協同組合理事。大多数の住民が避難した今も村に残り、見回りを続けている。事故後に購入したビデオカメラで村の現状を記録、各地で自らの体験を語り始めた。

長谷川さんからのメッセージ

今、世界でも類をみない、とんでもない原発事故がこのせまい日本の福島で起きています。私たちが味わった苦しみ、かなしみ、等をぜひ全国のみなさんに知ってほしい。そしてこの大事故を風化させないでほしい!!


長谷川健一さん関連記事等



(企画案内より) 詳細参照先

Tags: ,

twitter

Tags: ,

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback [1 comment]

  1. […] 「福島・飯舘村からの声 酪農家・長谷川健一さんをお迎えして」 2011年8月6日(土)滋賀 […]

Comment feed

Comment