2010.11.09

朝鮮学校への速やかな『高校無償化』適用を求める
京都緊急集会 2010年11月19日(金)

【日時】 2010年11月19日(金)(19:00開場)19:30~
【場所】 ひとまち交流会館・京都
 ⇒ 会場アクセス
【会場協力費】 500円
【主催】 朝鮮学校への速やかな『高校無償化』適用を求める
 京都緊急集会実行委員会(同事務局TEL 075-771-5418)


 高校無償化制度は、その適用を求める多くの声を置き去りにしたまま、朝鮮学校だけを留保して、全ての日本学校と他の全ての外国人学校に対し、今年4月より実施されました。

 そして、朝鮮学校に対しては、文部科学省が委嘱した専門家らによる非公開「審議会」の審査が約3ヶ月に渡って行われ、結果、朝鮮学校にも他の外国人学校と同様に高校無償化制度を適用すべきであるとの結論が、8月末、川端文科大臣(当時)に答申されました。

 つまり、「審議会」は、政治や外交上の思惑から朝鮮学校を高校無償化制度から適用除外するように求める、差別をも厭わない一部の声を、同制度の理念や主旨に真っ向から反するものとして避けた訳です。

 そして10月には、与党民主党の政策調査会もこの結論・答申を基本的に了承し、高木文科大臣に対して朝鮮学校にも制度の適用を求めました。

 しかし、制度開始から6ヶ月、「審議会」答申から3ヶ月を経た今現在に到っても、朝鮮学校に対する無償化制度の適用は、未だに決定されていません。

 私たちは、生徒たちの心情、保護者たちの不安、そして国連人種差別撤廃条約委員会を初めとした国際社会からの強い関心なども勘案し、朝鮮学校にも高校無償化制度が速やかに適用されるよう、強く求めます。

(企画案内より)

Tags:

twitter

Tags:

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment