2010.11.02

第12回「梅小路公園の未来を考える会」 
2010年11月8日(月) 法然院

【日時】 2010年11月8日(月)19:00~21:00
【場所】 本山 獅子谷 法然院 http://www.honen-in.jp/
 (京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地 TEL: 075-771-2420 )
 ⇒ 会場アクセス
【定員】 60名(先着順・事前申込不要。当日、会場にお越しください)
【参加費】 無料 *会場でカンパを募りますので、ご協力ください。
【主催】 「京都水族館(仮称)と梅小路公園の未来を考える会」実行委員会
 (法然院、日本環境保護国際交流会(J.E.E.)、アートステージ567、
 財団法人啓明社、いきもの多様性研究所(順不同))

【問合】
「京都水族館(仮称)と梅小路公園の未来を考える会」実行委員会事務局
http://www.eonet.ne.jp/~qzu03325/caring.html
〒604-8862 京都市中京区壬生森町13-34 いきもの多様性研究所内
inst.biodiversity[@]gmail.com TEL/FAX:075-203-6449


みんなでアイディアを出し合い、より魅力的な梅小路公園へ
於 法然院

京都市下京区の梅小路公園の一角に、オリックス不動産株式会社が国内最大の内陸型水族館の建設を進めています。5月14日、京都市が都市公園法に基づき水族 館建設の設置を許可し、7月に建設工事が開始されました。

当会では、昨年6月以降11回に亘り「考える会」を、また3回に亘り「公開シンポジウム」を開催し、環境先進都市にふさわしい梅小路公園の在り方とはどういったものか、また水族館建設は京都にどのような意味を持つのか、今後の環境学習にはどういった 視点が必要なのか等について考えて参りましたが、9月末にオリックス不動産株式会社が水族館の展示内容についての専門家委員会を設置し、新たな局面を迎えました。

当会では「公開シンポジウム」の開催に取り組んでおりましたため しばらく皆様方の意見交換の場を設けておりませんでしたので、今回は久しぶりに 法然院に集い、皆様方の只今の思いをぶつけ合っていただければと存じます。

これまでの活動を一旦まとめ、当会としての今後の方向性を探り、皆様方がそれぞれに現時点において相応しいと思われる新たな活動に取り組んでいただく第一歩を踏み出す場にしたいと考えております。
どうぞご参加ください。

法然院 貫主 梶田真章

(企画案内より) (詳細参照先

Tags: , , ,

twitter

Tags: , , ,

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback [2 comments]

  1. […] 第12回「梅小路公園の未来を考える会」 2010年11月8日(月) 法然院 […]

  2. […] 第12回「梅小路公園の未来を考える会」 2010年11月8日(月) 法然院 […]

Comment feed

Comment