2010.05.11

第16回ピープルファースト全国大会 in 京都 
2010年6月5日~6日

はなそう あそぼう ともだちつくろう
地域で安心して働き、生活できる制度をつくろう

【期日】 2010年6月5日(土)~6日(日)
【場所】 京都テルサ
【主催】 第16回ピープルファースト全国大会 in 京都 実行委員会
【問合】 075-671-8484 jcil[@]cream.plala.or.jp


ピープルファーストとは

ピープルファーストは、知的障害をもつ当事者の団体です。
1973年、アメリカのオレゴン州の少女が「知恵遅れ」や「障害者」ではなく、「まず人間として扱われたい(I want to treated like PEOPLE FIRST)」と発言したことがきっかけとなって広まっていきました。運動の目的は、自分たちの権利擁護を自分たちの力で行なっていこう。差別をはね返し、生きる地平を切り開こうというものです。現在日本でも、1990年代より運動の輪が広がり、各地で当事者たちの運動が盛んになっています。


ピープルファースト京都

ピープルファースト京都の活動は、2000年6月に東京のメンバーから話しを聞いたことから、具体的に動き始めた。
ピープルファースト全国大会に参加するのはもちろんのこと、京都各地の当事者サークルやグループと連絡を取りあっています。その中から、今回、ピープルファースト大会in京都を担う人たちが現れてきました。
ピープルファースト京都としては毎月例会を行い、カラオケや食事会、お出かけなどをして、みんなで楽しく交流しています。

  • 2000年6月 ピープルファースト東京のメンバーから話を聞く
  • 2001年10月 北海道大会に3名の当事者が参加
  • 2002年11月 熊本大会に参加し、正式にピープルファースト京都として発足、以後ひと月に1回の例会を実施
  • 2007年7月 京都のほかの自主的なサークルとの交流活動をはじめる。
  • 2008年5月 当事者サークルの連絡会(はなそう・あそぼう・ともだち連絡会)がはじまる。
  • 2008年6月 東京大会に連絡会のメンバーと一緒に参加し、
    2010年にピープルファーストの全国大会を京都で開催することを全国の仲間に伝える

1日目 6月5日(土) 京都テルサ 大ホール

  • 11:30 受付開始
  • 13:00 開会式
    ・開会宣言
    ・入場行進、参加人数発表
    ・らいひんのあいさつ
  • 14:00 全体会
    ・京都タイム
    「京都の仲間の 暮らし・わたしたちの暮らし」
    ・政治家の話、全国の仲間からの 政治家への質問
    「地域で安心して 働き、生活できる 制度をつくろう」
    ・休憩、レクリエーション
    ・大橋製作所事件について- 奈良の仲間からの報告
  • 17:00 休憩、展示 コーナー見学
  • 18:00 交流会受付開始
  • 18:30 交流会開始
    ・オープニング、バンド演奏
    交流会おわり 各ホテルへ移動

2日目 6月6日(日) 京都テルサ

  • 9:00 分科会受付開始
  • 9:30 分科会
     1. 仕事のこと
     2. グループホーム
     3. ピアカウンセリング
     4. 恋愛・結婚など
     5. 当事者活動について
     6. 自立生活・施設から出ること
     7. 事件のこと
     8. 支援のこと
     9. 元気のでる話
     10. 障害者権利条約
     11. コミュニケーションのこと
  • 11:00 分科会おわり 大ホールに移動
  • 11:30 閉会式
    ・大会スローガン
    ・ピープルファースト宣言
  • 12:00 閉会式・おわり
(企画案内より) 参照先:ピープルファースト全国大会in京都

twitter

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment