2010.03.24

鎌仲ひとみ監督作品「ぶんぶん通信no.1」上映会 
2010年3月25日(木) よるのみずべ

【日時】 2010年3月25日(木)18:30開場
 19:00~20:10 ぶんぶん通信no.1上映
 20:15~ 交流会(みんなでシェアしましょう)
【場所】 よるのみずべ(叡山電車「元田中」駅近く)
 メール:yorunomizube[@]mail.goo.ne.jp
 ブログ:http://blog.goo.ne.jp/yorunomizube/
【参加費】 600円・祝島のびわ茶付き(おにぎり・粕汁あり・別料金)
 (10人くらいのスペースですので、事前連絡いただけるとありがたいです)

【主催】 ぶんぶん京都の会・よるのみずべ
 (ぶんぶん京都の会は、月1回定期的に鎌仲ひとみ監督作品を中心に
 上映会や催しを企画していく会です。)
【連絡先】 090-8563-7922 s.takano[@]y3.dion.ne.jp(高野)


「ぶんぶん通信no.1」とは?

「六ヶ所村ラプソディー」に続く新作「ミツバチの羽音と地球の回転」を制作中の鎌仲ひとみ監督が、その取材過程をまとめたビデオレターとして「ぶんぶん通信no.1」を発表しています。

新作の舞台は、山口県熊毛郡上関町の祝島とスウェーデン。
自然と共に暮らしてきた祝島の人々が直面する原発問題。今でも島民の9割が原発に反対している祝島で1000年以上続いているお祭り「神舞」の映像も収められています。

一方スウェーデンでは、脱原発、石油に依存しない社会作りをめざして取り組む人々が登場します。スウェーデンでは石油以外の燃料で車が走っていたり、自分の望む電力を購入出来たり、しかもそれが火力や原子力に比べても安い、という市民の話しも出てきます。

どのようなエネルギーを選択するのかが問われる今、みんなが共に暮らしていける道筋のヒントが詰まった素晴らしい内容です。

ぜひいろいろな方に参加していただきたく思っております。
よろしくお願いします。

(企画案内より) 詳細:よるのみずべ

twitter

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment