2008.12.02

アフガニスタン・レポート 混迷の大地で 
報告:白川徹さん 2008年12月13日(土)@大阪

【時】 2008年12月13日(土)14:00~16:30(13:30開場)
【処】 大阪市立中央青年センターA棟5階・第2ホール
報告者: 白川徹さん(ジャーナリスト、アジアプレス・インターナショナル)
【料金】 1000円 申込不要

【問合】 RAWAと連帯する会・関西
 rawa-jp@hotmail.co.jp
 http://rawa-japan.3005.net/
 TEL/FAX:072-987-3832(桐生)
【主催】 RAWAと連帯する会・関西
【共催】 ウラニウム兵器禁止条約実現キャンペーン(UWBAN)
 RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)


 混迷を深めるアフガニスタン情勢。8月にはペシャワール会の伊藤さんが殺害されるという事件も起こりました。

 米軍やISAF(国連治安支援部隊)による爆撃は続き、タリバンの反撃もあわせて犠牲者は増え続けています。日本も給油活動のみではなく自衛隊の派兵も検討されている状況のなか、現地でのNGOの活動も難しくなってきています。また、隣国パキスタンやイランのアフガン難民強制送還により行き場のないアフガニスタンの人々の行方も案じられます。

 そんな中、アフガニスタンの取材を続けておられ、この10月・11月にもアフガニスタンに入って取材されてこられたジャーナリストの白川徹さん(アジアプレス)をお招きしてアフガニスタンの情勢を報告していただき、わたしたちにできることを考えます。ぜひともご参加ください。

白川徹(しらかわ・とおる)さん プロフィール

1984年東京都出身。ジャーナリスト。オーストラリア留学を経て、2006年からアフガニスタンを中心に取材を続ける。
2008年2月、3月には「対テロ戦争」を任務とするアフガニスタン東部の米軍基地のルポを行う。雑誌では「アエラ」「DAYS JAPAN」「週刊金曜日」、新聞では「東京新聞」「高知新聞」などに寄稿。記事、写真だけでなく、ビデオ映像はテレビのニュース番組で発表している。(アジアプレスHPより)

【会場アクセス】 大阪市立中央青年センターA棟5階・第2ホール
JR・地下鉄中央線・鶴見緑地線「森之宮」駅 西へ徒歩約10分
地下鉄中央線・谷町線「谷町4丁目」駅 東へ徒歩約10分
大阪市中央区法円坂1-1-35
TEL:06-6943-5021

Tags: , , ,

twitter

Tags: , , ,

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment