2008.07.01

JUNKU大阪 崎山政毅×酒井隆史トークセッション 『ディオニュソスの労働 国家形態批判』(人文書院)出版記念

【時】 2008年7月23日(水) 18:30~
【処】 ジュンク堂書店大阪本店 3階喫茶
入場料 500円(定員40名)
(受付) 3階東カウンターにて。電話予約承ります。
【問合・予約】 ジュンク堂書店 大阪本店
TEL06-4799-1090 FAX 06-4799-1091

労働の拒否と生きた労働 ―資本の支配を生き抜くために―
トークセッション 崎山政毅×酒井隆史

(アントニオ・ネグリ+マイケル・ハート著
『ディオニュソスの労働――国家形態批判』(人文書院)出版記念)

ネオリベラリズムに抗する主体としてのマルチチュードの可能性は
どこから発するのか。
アウトノミアの思想家、アントニオ・ネグリの思考の源泉から
『〈帝国〉』『マルチチュード』の意味をあらためて問い直す。

崎山政毅(さきやま・まさき)

1961年生。立命館大学教授。
『サバルタンと歴史』(青土社、2001)、『思考のフロンティア 資本』(岩波書店、2004)、『異郷の死』(共編、人文書院、2007)、『歴史とは何か』(共著、河出書房新社、1998)など。

酒井隆史(さかい・たかし)

1965年生。大阪府立大学准教授。
『自由論』(青土社, 2001)、『暴力の哲学』(河出書房新社, 2004)、『非対称化する世界』(共著、以文社, 2005)、ネグリ&ハート『〈帝国〉』(共訳、以文社、2003)など。

Tags:

twitter

Tags:

« | PeaceMedia HOME | »

Trackback URL

Comment & Trackback

Comment feed

Comment