Home > TOPICS
2011.09.14

柄谷行人さん「反原発デモが日本を変える」 新宿アルタ前の演説全文(文字起こし) 2011年9月11日

【参照動画】 2011 9 11 新宿アルタ前 柄谷行人 演説
(さらに…)

2011.09.02

京都市・防災対策総点検中間報告の「原子力発電所事故等に関する対応」記載が酷すぎる。(2011年)

…琵琶湖の水の放射性物質による汚染に関しては,仮に琵琶湖方面へ放射性物質が飛散したとしても,琵琶湖の水量が非常に多いため,水中で希釈される。

【参照先】 京都市:第2回防災対策総点検委員会の開催について
PDF 防災対策総点検中間報告(開催日:2011年8月29日)

以下、当該箇所(「原子力発電所事故等に関する対応」p23~24)を引用。
(太字強調は引用者による) (さらに…)

2010.05.28

『米軍犯罪対応マニュアル』 米兵による事件・事故の被害者になったら

発行 米軍犯罪被害者救援センター
頒価 500円(冊子・付録CD-ROM)

米兵による事件や事故があとを絶ちません。なかでも交通事故は、毎日のように起こり続けています。しかし一方で、日米地位協定によって被害者の権利が制限され、これまで多くの人たちが「泣き寝入り」を強いられてきました。また、日本政府も救済に本腰を入れて取り組んできたとはいえず、被害者が解決の糸口をつかめないまま放置されてきました。

このパンフレットでは、もし米兵による事件や事故にあったとき、被害者がどのように対処すればいいのか、詳しく掲載しています。事故現場ですべき対応チェックリスト、損害賠償請求の流れ、防衛省の窓口や全国の市民ネットワークの連絡先など、被害者にとって必要な情報を一冊にまとめました。

被害を受けた方、米軍犯罪問題に関心のある方は、ぜひ手にとってご覧ください。また学習の場にもお役立ていただければと思います。 (さらに…)

2010.02.17

共同アピール 「民族差別・外国人排斥に反対し、多民族共生社会をつくりだそう 朝鮮学校への攻撃をゆるさない!」

 昨年12月4日午後、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などが京都朝鮮第一初級学校に対して、学校前の児童公園を「不法占拠」していると言いがかりをつけ、門前におしかけました。この公園は、校庭のない朝鮮学校が管理者である京都市や周辺の住民と相談しつつ、50年以上にわたって朝礼や体育の授業・運動会などに使わせてもらってきたものです。「不法占拠」というのは、まったくの言いがかりであり、朝鮮学校を攻撃するための口実に過ぎませんでした。彼らは、公園にあった学校の備品を暴力的に撤去・破壊し、学校の門前から大音量のマイクを使って、「こんなものは学校ではない」「スパイ養成学校だ」「キムチくさい」「朝鮮人を日本からたたきだせ」などあらんかぎりの罵声をあびせかけました。そして、力づくで学校におし入ろうとまでしたのです。このとき、学校では多くの子どもたちが交流会や勉強をしていました。とつぜん悪意に満ちた暴言をあびせかけられ、学校を襲われた子どもたちの恐怖と屈辱は、想像にあまりあります。彼らは、さらに1月14日にも学校前の公園で集会をおこない、朝鮮学校にデモをしかけようとしました。 (さらに…)

2009.04.30

台湾訪問記(2009.3.19-24) セラピー・ワークショップに参加(証言集会・京都)

「必ず阿媽に会いに台湾へ行くよ」。
昨年11月、台湾から92歳という高齢の呉秀妹(ウ・ショウメイ)阿媽(アマー・台湾語でおばあさんの意味)の2006年に続く二度目の京都での証言集会を行ったとき、私たちは阿媽と約束しました。さっそく台湾での阿媽たちの支援組織・台北市婦女救援基金会(婦援会)の担当の慧玲(ホエリン)と相談したところ、3月に阿媽たちのセラピー・ワークショップを行うのでそこに来ない、という返事をもらいました。京都から総勢9名(うち東京在住1人、香港在住1人を含む)で、超ハードスケジュールの台湾訪問となったのです。 (さらに…)

Next »

1 / 212