Home > 3月, 2009
2009.03.30

『あきらめない-続・君が代不起立』上映会 
2009年4月18日(土)

【時】 2009年4月18日(土) 19:00~21:00
【処】 ひとまち交流館京都 第5会議室(3階)
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
 (河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車すぐ
 京阪「清水五条」駅下車 徒歩8分
 地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分)
【料金】 一般1000円 DFL会員700円
 (2月21日にお越しだった方は、お申し出ください。)
【主催】 「あきらめない-続・君が代不起立」を見る会 (さらに…)

2009.03.20

PeaceMedia 2009年3-4月号 (No.41)

2009年3月20日付発行 (通算No.41)
1400部/B6版/24頁/フリーペーパー
(さらに…)

2009.03.15

映画&トークライブ『フツーの仕事がしたい』 
土屋トカチ監督+働く現場からの声 2009年4月12日(日)

【時】 2009年4月12日(日)
スケジュール(開始時間)
 ・上 映 (1回目)12:00~ (2回目)15:00~
 ・トーク (1回目)13:20~ (2回目)16:20~
【処】 ひとまち交流館京都 第4・5会議室(3階)
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
 (河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車すぐ
 京阪「清水五条」駅下車 徒歩8分
 地下鉄烏丸線「五条」駅下車 徒歩10分) (さらに…)

2009.03.14

『へいわ屋漫筆』第21回 冬から春へ

 「頬を刺す、朝の山手通り。タバコの空き箱を捨てる…」という詞で始まる、椎名林檎さんの歌(*1)がありました。語法が何かヘンと思いつつも、鮮やかに景色が伝わるので印象に残っている歌です。こんな「頬を刺す」ような冷気は、いつの間にか消え、もう春ですね。昨夜物干し台に上ると夜気がやわらかく感じられました。かすかな沈丁花の香が、その柔軟剤の役を果たしているのでした。 (さらに…)

『「労働」に抗する身体』 ハギハラカズヤ 
第6回 夢

 二年前から通ってきた生野区の小さな高校で卒業式があった。式が終わった後、受け持った卒業生と一緒に近くの喫茶店でおしゃべりをしていると、この二年間のいろんなことが思い出された。

 はじめて授業をした日、「新しい先生」を楽しみに集まった生徒の前で、ぼくは唐突に自分の過去を語り出した。学校が嫌いだったぼくがいま教壇に立っている矛盾を、ただ自分のなかに仕舞いこむのでなく、彼らと共有しよう。ぼくたちが集う教室を、教師と生徒が一緒になって言葉を作り出す場所に変えてみよう。出会ったばかりの彼らに、学校を拒否していたころの自分が何を感じ、考え、生きていたのか、表現に飢え、葛藤し、疲労した闘いの日々を、ぶつけた。それが授業のはじまりだった。 (さらに…)

Next »

1 / 3123